パンパスグラスの株分け


今朝の朝倉市は昨夜から雨が降り続き肌寒さを感じます。

本日の作業は株分け後のパンパスグラスを鉢に植えています。

株分けもなかなか大変な作業でしたがこれからの成長が楽しみな作業でもあります。

剪定後の伸び方


どれもここ1〜2ヶ月の間に剪定したものばかりです。

切ったことによって枝数が増えることと

幹がしっかりと太くなってきます。

来月は霜が降りるかもしれませんので太めの枝を剪定というより無理をせず来春に切るか、葉先から2〜3センチのところまでを!

そして冬の管理は南向きの場所が良いのでくれぐれも北風の当たるところでは管理しないように‼︎

オススメ植物 アカシア ゴールデンロッド Acacia longifolia

1本だけですが、オススメ植物情報です。

アカシア ゴールデンロッド Acacia longofolia H0.5m φ24cm

こうやってみると、「え?アカシア?」と思いますよね。だいたいが、こんな感じで販売されているので。

この状態で植えると、縦にどんどん伸びて手がつけられなくなったり、風にあおられてそのまま横倒れになったり、剪定しようにもどこからやればいいのか、一気にバッサリ切っていいのか、、、と。

そう言った点を解消できないかと思い、両筑植物センターはアカシアを小さい苗の時から剪定をして、お客様が育てやすいサイズや形を作っています。

さて、ゴールデンロッドの特徴ですが、なんといっても長い葉です。長葉のユーカリにも似ている感じですね。

良くみるアカシアは球形が多いですが、ゴールデンロッドは円筒形です。普通にみるアカシアとは違うものがいい!という方にオススメです。

ゴールデンロットはオーストラリアでは5〜6年で7〜10mになるそうです。それだけ成長が早いので、育てる上で剪定は必須です。

そうなると、やはり1本立ちのものよりは株立ち状に仕立てられたアカシアがオススメです!

購入ご希望の業者様は、単価をお伝えしますので、市場経由や仲卸経由などご相談ください。

個人のお客様で購入されたい場合は、ご相談ください。お住いの近くにあるお店経由で販売できるかもしれないです(確約できなくてすみません)。

 

メラレウカの剪定

ハウスの中でバタバタと倒れているメラレウカたち。なぜこんなに倒れているかというと

剪定をしていないメラレウカは頭の重さに耐えきれず倒れるという状態になっていたのです。両筑の植物たちは基本、支柱をせず剪定をしてしっかりと自分の幹の強さ太さだけで立てるよう作っています。

剪定後はスッキリしましたが

「切りすぎじゃない⁈」なんて言葉よく言われます。笑  でもこんな剪定の仕方で大丈夫なんです!

時期によってまた剪定するところの長さは変わりますが基本は同じです。

中心部分もこんな風にパチパチ✂︎

スッキリです!

皆さんも一度挑戦して見てくださいね!!

時期的には来年の春頃オススメです✂︎

ワークショップのお知らせ

10月28日は、今年最後のプランツショップでした。来て頂いたお客様、ありがとうございました!春からのプランツショップは、よりパワーアップして、お客様が来やすい環境を整えられるよう、冬に間に準備を頑張ります。楽しみにおまちください〜!

そして、12月という剪定にはバッチリな(寒いよ!と言われそうですが、、、)時期に、関東で初めての剪定ワークショップを開催させて頂くことになりました。

関東でワークショップをしたいと考えていたところ、神奈川県葉山町にある豪花舎annexさんが相談にのって頂き、今回開催となりました。

告知&募集は豪花舎さんのほうで受け付けていらっしゃいますので、ぜひご参加ください!

今回は剪定にフォーカスしていますので、より濃いワークショップになると思います。質問タイムもありますし、持ち込んだ植物の剪定もします。参加者の方々には、シークレットお土産もありますので、ぜひぜひご参加ください!

私たちも参加者の皆様と楽しい時間をすごせるようがんばります!

 

 

アカシアなどなど。

秋の展示会、終わりました。

3つの展示会で、新しいお客様と出会えて、今後の植物作りの励みになりそうです。春の展示会が決まれば、またこちらで告知しますね。

そして、展示会にスペースの関係で出せなかった植物で、アカシアをメインにいろいろとオススメがあります。

“アカシアなどなど。” の続きを読む

りょうちく通信10月

10月のりょうちく通信です。

展示会でも配布していますが、ネットにも掲示しておきますので、ぜひご覧ください!

今年もあと11、12月で終わりなんですね、、、あっという間です。