トークの参加、ありがとうございました!

4月23日の、PLACERWORKSHOPさんでのトークイベント参加ありがとうございました!人前で話すことに慣れておらず、今更ですが、もっとわかりやすく説明できたんじゃないかなと思うことも多々ありますが、うまくいかなかった点を次回に生かそうと思います。ワークショップとトークイベントは定期的に開催していこうと思いますので、今後もよろしくお願いします!

そしてトークで、参考にしてる本やサイトを教えますと約束していたので、遅くなりましたがここで紹介します。参加できなかった方も、植物の学名などで気になることがあったら、ぜひ参考にしてみてください。

トークで紹介した本は、こちら2冊になります。

ヴィジュアル版植物ラテン語辞典 ロレイン ハリソン

属名、種小名などの意味を調べるのに最適です。入門編として手元にあると良いと思います。RHSのボタニカルアートや植物の学名に関係が深い人たちの話も書いてあります。読み物としても内容が充実しています。

図解雑学 植物の科学 八田洋章

こちらは学名と和名の違いをわかりやすく書いてあったり、光合成とは何かや植物の構造なども、初心者でもわかるように説明しています。植物が生きるために行なっていることを知っておくと、育てている時に環境や、水遣りでうまくいかない部分がわかるようになると思います。絶版になっていて中古のみですが、見つけたら即購入をおすすめします。

2点とも、初心者でもわかりやすい内容です。図書館でも取り扱いがあると思いますので、一度内容を見てみると良いかもしれないですね。

そして、参考にしているサイトですが、こちらです。

植物の学名について調べる 国立国会図書館

参考文献や検索できるデータベースを公開しているサイトなどを、色々と紹介しています。専門的なものもありますが、詳しく調べたいという時には役に立つものばかりです。

植物の名前で、「お店で見かけたけどこれって正しい名前なのかな、、、、」「学名がこう書いてあるけど、正しいのかな?」という疑問があれば、一度両筑植物センターにメールをください。自社で生産している植物の範囲内でのお答えになってしまいますが、同じ植物なのに別の名前で販売されているけど、どちらが正しいのかな?といったことも出てくると思います。こちらも、「いつのまにこんな名前になったんだ?」ということもわかりますし、間違っていることは訂正していこうと思います。お気軽にメールをください。

 

Banksia roburとは?〜PLACERWORKSHOPトークイベントにむけて

いよいよ21日から、PLACERWORKSHOPさんでPOP UP STOREが始まります。そして21日はワークショップ、22日はトークショー!

告知も兼ねて、22日のトークイベントがどんな感じなのかをここで両筑植物センターが生産しているを使って簡単に紹介してみようと思います。

Banksia robur (ヤマモガシ科)

両筑植物センターでおなじみのバンクシアです。和名でも英名でも「スワンプバンクシア」と呼ばれています。自生している場所がSwamp=沼地というのが由来です。よく呼ばれる名前が、植物が生きている場所を表しているんですね。

じゃあ、Banksia roburはどういう意味? “Banksia roburとは?〜PLACERWORKSHOPトークイベントにむけて”の続きを読む

「植物の名前が教えてくれること」って何?

植物の名前というタイトルで、ユーカリ シルバーダラーについて記事を書きました。その記事を書く時、いつか植物の一般名や学名についての話ができたらと考えていました。一般名、学名それぞれの意味や役割を知ることができたら、植物を買う時、育てる時、今までと違った見方もできるし興味も広がるんじゃないかと。

なので、PLACERWORKSHOPさんでイベントをすると決まった時、植物の名前についてトークをしたら面白いし為になるのでは?ということで、決まりました。

“「植物の名前が教えてくれること」って何?”の続きを読む

GREEN STYLE MARKET VOL.5 ~ 花と暮らす 緑と暮らす ~に参加します。

イベント出店のお知らせです!

GREEN STYLE MARKET VOL.5
~ 花と暮らす 緑と暮らす ~

2017年04月08日(土) ~ 2017年04月09日(日) 10:00-16:00 湘南T-SITEプロムナード http://real.tsite.jp/shonan/event/2017/03/green-style-market-vol4-1.html

湘南T-SITEにて行われる GREEN STYLE MARKETに参加します。LOVEGREENさんのブースにて。4月8日のみの出店になります。https://lovegreen.net/

植物だけではなく、ルーツポーチや植物の栽培で実際に使用している土やドライにした植物も販売予定です。

ガーデニングシーズン真っ只中ですので、ぜひ足をお運びください!

剪定の時期

もう明日から三月に突入ですが二月は逃げる、三月は去るというように今月も毎日が早くそれとともに気温も上昇!

朝倉市は本日14度に上がりましたがハウスの中は20度超えでここ1週間の間に葉色にも変化があり新芽も伸び始めました。

新芽が伸び始めたということはもちろん剪定です! “剪定の時期”の続きを読む

植物の名前

植物には2つ名前があります。1つはみなさんが読んでいる一般名(和名とも言われます)。もう一つは学名。どちらをよく使うかというと、一般名の方だと思います。

ヨーロッパ、とくにイギリスでは植物ラベルに一般名と一緒に学名が表記されています。誰でもが理解できる一般名と一緒に、その植物の出自を表す学名がきちんとつけられています。オーストラリアやアメリカのナーセリーに行った時も、学名はきちんとラベルにつけられていました。

日本の場合、学名が記載されていないラベルが多く、植物の名前は一般名によって知ることが多くなります。

両筑植物センターでも生産している「Eucalyptus polyanthemos」が、ここ数年日本では「ユーカリ ポポラス」という名前で流通し、とても不思議に思っていました。オーストラリアから導入した時に、一般名が違っていたからです。

“植物の名前”の続きを読む

Root Pouch

気に入った植物をお店などで購入されたり、育てている植物が成長して鉢替えしたいな…と思った時どんな鉢を選んだりしますか?

育てる側が住み心地の良い環境をつくってあげることが大事ですがその1つとして鉢に注目したいと思います。

Root Pouchというリサイクルペットボトルとリサイクルの天然素材で作られた不織布の鉢になりますが両筑の植物を植えてどのように成長していくのか実験的にやってみたいと思います。

赤の取っ手つきにはパールアカシアを植えてみました。持ち手がしっかりしていて場所移動するときなどとても便利です。

こちらはブラウンの取っ手無しです。バンクシア アエムラを植えましたが水の抜けもよく乾燥タイプの植物にはいいかもしれません。

こちらは土壌の中で分解するタイプです。お庭に植えるときはこのまま土の中へ植えることができますが、土中に埋めないと分解をしないということからどちらも選べるというのは良いですね。

植物はレプトスペルマム ウィーピングティーツリーを植えてみました。

そしてこちらはアカシア スペクタビリスです。

今後この植物たちがどのように成長していくが観察してみたいと思いますので、鉢が気になった方は是非こちらのサイトを見てみて下さい!

Walnut&Co.

http://www.walnutco.jp/brand/rootpouch/

Montage 17th を終えて

2月8〜10日、有明TOCにて開催されたMontage 17thに参加しました。

株式会社oLandさんのブースにて出展しました。株式会社oLandさんはフランスから輸入したアウトドア家具の販売のみでなく、植物を使った空間提案もされています。昨年、豊明花きさんの展示会で両筑植物センターの植物を見られて、声をかけて頂きました。

oLandさんのブース内で、イデアポートさんが販売するBACSACに植え込んで提案という、いつもの展示会と違ったディスプレイや提案方法で、とても為になりました。そして、普段の展示会ではなかなか出会う接点のないお客様や出展者の方々とお話することもでき、良い刺激を受けることができました。

異業種のお客様からは、植物を見られて「これ、造花ですか、、?」や「こんな植物、あるとは!」と言われてしまい、まだまだ両筑植物センターの植物は知られてないんだな、、、とちょっと悲しくもありましたが、もっといろんなお客様に植物を育ててもらえるよう、頑張らないといけないなと実感しました。

今回展示にて植え込みをさせて頂いた、イデアポートさんがフランスから輸入するBACSACですが、オーストラリア植物ととても相性が良かったので、プランツショップでも販売できないかなと考えています。

色々な糧の多かった展示会でした。今後の植物作りやショップに生かしていきます!

BACSAC http://www.ideaport.co.jp/brandlist/interior.html

oLand http://oland-outdoorliving.co.jp/