Root Pouch

気に入った植物をお店などで購入されたり、育てている植物が成長して鉢替えしたいな…と思った時どんな鉢を選んだりしますか?

育てる側が住み心地の良い環境をつくってあげることが大事ですがその1つとして鉢に注目したいと思います。

Root Pouchというリサイクルペットボトルとリサイクルの天然素材で作られた不織布の鉢になりますが両筑の植物を植えてどのように成長していくのか実験的にやってみたいと思います。

赤の取っ手つきにはパールアカシアを植えてみました。持ち手がしっかりしていて場所移動するときなどとても便利です。

こちらはブラウンの取っ手無しです。バンクシア アエムラを植えましたが水の抜けもよく乾燥タイプの植物にはいいかもしれません。

こちらは土壌の中で分解するタイプです。お庭に植えるときはこのまま土の中へ植えることができますが、土中に埋めないと分解をしないということからどちらも選べるというのは良いですね。

植物はレプトスペルマム ウィーピングティーツリーを植えてみました。

そしてこちらはアカシア スペクタビリスです。

今後この植物たちがどのように成長していくが観察してみたいと思いますので、鉢が気になった方は是非こちらのサイトを見てみて下さい!

Walnut&Co.

http://www.walnutco.jp/brand/rootpouch/

両筑プランツショップについて

明日の両筑プランツショップですが雪と路面凍結の恐れがありますので延期にいたします。そのかわりに来月開催予定の日程を25日と26日の二日間に変更します。明日予定を組んでいただいていた方、申し訳ございません。万が一ということを考えこの様な判断を取らせていただきました。来月の両筑プランツショップでは皆さんが楽しみながら選ぶことができる様にたくさんの植物たちを準備してお待ちしております!

福岡県朝倉市は結構寒いんです。

展示会で、お客様に「どこで作っているんですか?」と聞かれるので「福岡県です!」と答えると、「九州だから冬は暖かいですよね?」と言われます。

全然暖かくないです!これを見てもらうとわかると思いますが、、、

23日はこんな感じでした。うっすら積もりました。去年の1月は同じ頃、2日連続で大雪になりました。

福岡県は日本海側なので冬場の寒さはしっかりあります。そして朝倉市は筑後平野の端で、盆地なので福岡県内でも一番寒くなる所なのです。

イメージで寒さに弱そうと思われがちですが、意外と強いです。メラレウカなど、寒さで葉先が痛むものもありますが、春には新芽が出て回復します。

そして夏は県内最高気温を記録します。去年は毎日35度超えの日もありました、、、。朝倉市は植物にとって過酷な環境だと思います。それでも元気に育つよう、スタッフみんなで大事に育てています。お客様のところへ届いてからも、元気に育つことを願いつつ。