ルーツポーチとプラ鉢の比較

今年のプランツショップなどで、ルーツポーチをおススメの鉢として紹介していますが、ルーツポーチに植えてどんな効果があるのか、気になりますよね?

生産者が圃場で育てる植物にルーツポーチを使ってるなら、四六時中手をかけているからちゃんと育って当然でしょ?と思われるかもしれないので、生産現場でもなんでもない自宅で試してみました。苗も自社ではなく他で調達しました。

“ルーツポーチとプラ鉢の比較” の続きを読む

剪定の時期

もう明日から三月に突入ですが二月は逃げる、三月は去るというように今月も毎日が早くそれとともに気温も上昇!

朝倉市は本日14度に上がりましたがハウスの中は20度超えでここ1週間の間に葉色にも変化があり新芽も伸び始めました。

新芽が伸び始めたということはもちろん剪定です! “剪定の時期” の続きを読む

生きているかの確認

冬の寒さにどうしても傷んでしまうsyzygium bush cherry

冬以外の時期はとても綺麗でつやつやとした葉っぱの色ですがハウスの中でも寒さが厳しすぎると茶色に変色してしまい葉っぱがやがて落ちてしまいます。

 

でもよく見ると傷んでいるのは葉っぱだけで幹はしっかりと生きているんです。見極め方としては茶色に変色しているところの枝をカッターでも良いので鉛筆を削るかのように薄く削ってみます。

そうすると生きていれば薄緑のような色がでていれば葉っぱが傷んだだけで生きているということ。茶色になっていれば残念ながらそこの部分は枯れているということ。

これはブッシュチェリーに限らずどの植物でも確認することができますので育てている植物がこの様になってしまった方は確認を!

冬のアカシア

今日の朝倉市は少し寒さが和らぎましたがそれも午前中だけでした。先ほど雨はあがり今は陽射しもなく曇り空です。

冬の天気は暖かな陽射しが欲しくなる季節ですがそれは植物も同じですよね。

アカシアは寒さに強いの?と、よく聞かれますが品種によって強いもの弱いものはあります。霜にあたり葉先が茶色になったり全体の半分近く葉っぱが落ち枯れたりもします。

逆に霜にあたり紅葉するものもあります。軸の枝が紅くなったり葉先だけではなく全体的に紅葉するものもあったり。

葉っぱの形が品種によって違うように耐寒性や湿度、陽射しに強いもの弱いものもアカシアはいろいろあるんです。

冬越えまであと少し。

そんなアカシアも来月になればチラホラと花が咲き始め甘い香りを放つでしょう。

 

霜とバンクシア

今朝方、朝倉市は今年一番の寒さになりました。ここ平塚はマイナス4度でしたが霜が降りてもオーストラリアの植物は物によって大丈夫なものもあります。


バンクシアもその1つ。柔らかい新芽は霜で傷んだりしますが葉っぱは丈夫なままです。管理をしている場所にもよりますが北風が当たらない南向きで建物が近くにあれば葉っぱが傷んだり、変色することなく冬が過ごせるでしょう。

新芽が傷んだからといってそこから新しい芽が出てこなくなるのでは?と思われがちですが問題ありません。ただ、出てくる場所が根元に近い部分から出てきたり場所はそれぞれ。でもそれがかえって面白かったりもするんです。こんなとこから⁈という驚きもバンクシアの魅力の1つですので冬の植物の変化も観察してみると面白いですよ。