剪定の時期

もう明日から三月に突入ですが二月は逃げる、三月は去るというように今月も毎日が早くそれとともに気温も上昇!

朝倉市は本日14度に上がりましたがハウスの中は20度超えでここ1週間の間に葉色にも変化があり新芽も伸び始めました。

新芽が伸び始めたということはもちろん剪定です! “剪定の時期”の続きを読む

Root Pouch

気に入った植物をお店などで購入されたり、育てている植物が成長して鉢替えしたいな…と思った時どんな鉢を選んだりしますか?

育てる側が住み心地の良い環境をつくってあげることが大事ですがその1つとして鉢に注目したいと思います。

Root Pouchというリサイクルペットボトルとリサイクルの天然素材で作られた不織布の鉢になりますが両筑の植物を植えてどのように成長していくのか実験的にやってみたいと思います。

赤の取っ手つきにはパールアカシアを植えてみました。持ち手がしっかりしていて場所移動するときなどとても便利です。

こちらはブラウンの取っ手無しです。バンクシア アエムラを植えましたが水の抜けもよく乾燥タイプの植物にはいいかもしれません。

こちらは土壌の中で分解するタイプです。お庭に植えるときはこのまま土の中へ植えることができますが、土中に埋めないと分解をしないということからどちらも選べるというのは良いですね。

植物はレプトスペルマム ウィーピングティーツリーを植えてみました。

そしてこちらはアカシア スペクタビリスです。

今後この植物たちがどのように成長していくが観察してみたいと思いますので、鉢が気になった方は是非こちらのサイトを見てみて下さい!

Walnut&Co.

http://www.walnutco.jp/brand/rootpouch/

生きているかの確認

冬の寒さにどうしても傷んでしまうsyzygium bush cherry

冬以外の時期はとても綺麗でつやつやとした葉っぱの色ですがハウスの中でも寒さが厳しすぎると茶色に変色してしまい葉っぱがやがて落ちてしまいます。

 

でもよく見ると傷んでいるのは葉っぱだけで幹はしっかりと生きているんです。見極め方としては茶色に変色しているところの枝をカッターでも良いので鉛筆を削るかのように薄く削ってみます。

そうすると生きていれば薄緑のような色がでていれば葉っぱが傷んだだけで生きているということ。茶色になっていれば残念ながらそこの部分は枯れているということ。

これはブッシュチェリーに限らずどの植物でも確認することができますので育てている植物がこの様になってしまった方は確認を!

メラレウカの種

melaleuca linariifolia snow in summerといえば夏に咲く花という名ですが日本だと梅雨時期ぐらいに花が咲きます。

フジツボのような形をしているのが種になります。ちょうどその部分に花が咲いていた場所になりますが

写真のような感じにふわふわとした白い花を咲かせます。花が地面に落ちた後は雪が降った後のように一面が白くなりとても綺麗です。

そんなスノーインサマーの種の殻を割ってみるとコショウのような種が出てきます。

近くで見るととても小さいのがわかります。鼻息で飛んでいきそうになりますが、こんなに小さい種から電柱のような大きさになるなんて想像つきませんよね。植物も人間のように成長していく生き物ですが最初の大きさはぞれぞれあり成長のスピードもそれぞれです。速いから遅いから良い悪いというわけではなく、その成長過程を楽しみながら育てていけることが何よりも大事な気がします。順調に成長しているときは何が良いのか、状態が悪くなったときは何が悪いのか考えることはとても大事なことだと思います。次回は1つ植物を取り上げて管理方法を話したいと思いますのでお楽しみに!

少しづつ開花中

真冬の中、少しづつですが開花してきています。外でも寒さに強いものもあるグレビレアですがハウスの中だと早めに開花し始めています。

写真はGrevillea White Wings

チクチクとした葉っぱが特徴的ですがその葉っぱに似合わずとても可愛い白い花を咲かせます。黄緑の葉色に白い花はとても映えて花のつき方は枝に沿って咲きます。広がりながらシュッと上に枝を伸ばしていきますが剪定をすることによって花つきが良くなります。

これから両筑の植物たちの開花だよりは楽しみになりそうです。またいろんな写真を説明とともにあげていきたいと思いますのでお楽しみに!

色のあるアジサイたち

アジサイというと、梅雨前から咲く花を一番に思い浮かべると思います。この時期はアジサイの花で有名なところも多々ありますよね。

ただ、花が終わった後はアジサイ自体に魅力がなくなってしまうような扱いになっていますよね。それがとても残念です。

花が終わったあと、アジサイってどんなところを楽しめばいいのか?それはやはり葉です!

両筑植物センターでは、花が終わった後も楽しめるアジサイがあります。

アジサイ ゴールドリーフ 

Hydrangea macrophylla 'Gold Leaf'

その名の通り、黄金葉のアジサイです。生長は遅めです。半日陰くらいで育てると、黄金色がキレイに出ます。直射日光は葉焼けしてしまいます。植栽の下草に使うと、アクセントになって生えます。

花の時期は切り花、花のあとは切り枝として使えますし、花が終わってからそのまま残しておけば、ドライフラワーにもなりますよ。

ガクアジサイ レモンウェーブ 

Hydrangea macrophylla 'Lemon Wave'

先ほどのゴールドリーフと違い、葉に色が入り混じるタイプです。基本は黄色、そして少し白がアクセントで入ります。こちらも半日陰が良いです。

黄色の部分が多かったり少なかったりで、一定じゃないところが特徴。白は差し色という感じです。

そして、レモンウェーブとはまた違うタイプのものが、、、

ガクアジサイ フローリッシュイエロー

Hydrangea macrophylla 'Flourish Yellow'

こちらは葉の所々に黄色が入ります。葉によって黄色と緑色のコントラストが違うので、葉の表情がとても面白いです。

黄色が多い葉もあれば、緑と半々のもあったり。レモンウェーブと違って、葉に黄色がちりばめられたように見えます。こちらも半日陰で色が出るので、色味をそえるのにぴったりです。

そして、白色もあります。

ガクアジサイ ホワイトモテッド

Hydrangea macrophylla 'White Mottled'

こちらは白色の斑です。’Mottled’には「ぶちの、まだらの」という意味があります。まさにその通りですね。斑の色もあって、全体的に優しい印象になります。

葉の出始めは白さが透き通っているようです。

日陰の庭で、ホスタなどと一緒に植えると、落ち着いた明るさがでると思います!

今は落葉している時期なので、まだちょっと先かな、、、と思いますが、今の落葉している時期にアジサイを鉢や庭に植え込んでおけば、春になって新芽の色から楽しめます。

H0.5前後のサイズで揃えていますので、気になる方はお問い合わせください。